Entry

作品によせて

 私の作品には森や庭で遊ぶ子どもたちや動物たちが登場します。滋賀・高島の田舎で育った私は、子どもの頃から草木や花々で遊び、緑がいつも身近かにありました。川にいるざりがにや魚や近所で飼われているうさぎを眺め、絵を描くことが好きでした。
 作品に登場する子どもたちの多くが頭に王冠や花冠をかぶっているのは、楽しかった子ども時代の象徴であり、子どもが宝であることの印です。そしてすべての子どもが幸せであるように、との願いを込めて描いています。幸せな子どもの絵を見て、多くの人が自分の子どもの頃を思い出したり、絵の中の世界で遊んでいただければと思います。素朴な草花や、やわらかな頬の子どもたちに美が宿ると信じて、日々制作しています。